FC2ブログ

somekai blog

染め屋の日常あれこれ

スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

白山川へ2011.09.19

 先週、三重町(大野町の隣の町)の白山川へ行ってきました。

 天気も良くて川の水も透き通っていて実に気持ちのいい日でした。

 白山川

 川沿いをしばらく車で走っていたら珍しい実のなっている木を発見!

梨の木

 ↓こんな実がなっていました。

 以前大野町の山の中で発見した山梨の実でした。

 以前の実はこれの5分の1くらいの大きさで、とても硬い実でじゃりじゃりした食感だったけど・・・・。

 食べてみたらやっぱりじゃりじゃりで、少し渋かった。

 でも香りが良くて、甘いので思わずがつがつ食べてたら、「お腹壊すから止めときなさい」と言う、ゆっこからのストップがかかり、残念ながらポイしました。

 その後お腹の調子は悪くもならず、良好です。

かじりなし

 んで、気持ちがいいので散策していると、

 か、カッパ!?

かっぱ

 いえいえ、私です。

 気持ちいいので泳いじゃいました。

 あ~~、気持ちが良かった!

スポンサーサイト

Comment [2] | TrackBack [0]

小旅行へ2009.08.03

 昨日、久しぶりで小旅行へ行ってきました。

 お昼ごはんのお弁当を作ってもらって、お昼前に家を出発して、九重町長者原へ。

 九重山の麓のたではら湿原でお昼ごはん。九重山はあいにくガスでけぶっていて見えませんでしたが、もくもくと昇る火山?の煙を眺めながら、雄大な景色の中のおにぎりは格別で、8個も食べてしまい、一時動けませんでした。

 ひと時の休憩の後、たではら湿原の遊歩道を散策。

 湿原にて

 ちょっとおバカな写真。湿原のお風呂?に入っております。周りに人たちから笑われました。
 
ジャンプ!

 ジャンプしてみました。

 ここは、今年の春に来て、その時は春の山野草がたくさん咲いていて、きれいだったのですが、今はもう秋の草花が咲きだしていて、まだ小さいヒゴタイの花などを眺めながらのんびり散策は何とも気持の良いものでした。

 ヒゴタイ

 ひと時の散策の後、近くの牧場へ。

 馬やウサギや、なぜいるのか月の輪熊などと戯れたのち、手作りアイス屋さんで奥さんに怒られながらも2個食べて今度は筋湯温泉へ。

 筋湯温泉は、家族旅行で行っていた小さい頃からの思い出の詰まった温泉でありまして、懐かしい思い出にも浸りながらの、ゆっくりとつかったうたせ湯の共同浴場なのでした。

筋湯温泉

 温泉で心身共にほぐされた後、やまなみハイウエイを走って、熊本の阿蘇神社へ。

 美味しいお水を持っていっていた容器にたっぷりと汲んだ後、門前町の古い街並みを散策して、そろそろ夕方の6時、夕食どき。
 
 近くに美味しい郷土料理のお店があると聞き、入ったお店の料理は高菜ご飯に、だんご汁、色々な漬物があって、手作りおぼろ豆腐があって、なんだかおばあちゃん家の料理みたく、くつろいで、美味しい夕ごはんでした。

 だんご汁は大分も郷土料理となっているけど、こちらは小麦を長く長く延ばしたものがだんごと言われているのですが、熊本のは白玉粉を丸く丸めてまん中をくぼませたものでした。熊本のだんごも美味しかったなあ。

 そのあと、家に帰り着いたのは夜の9時前。

 の~んびりと、美味しくて楽しい小旅行となりました。

 今度はどこに行こうかなぁ。
 

 

Comment [0] | TrackBack [0]

夜へドライブ2008.10.11

穏やかに過ぎ去った一日の締めくくりに、一人、夜のドライブに繰り出した。
BGMはNHKラジオ深夜便。
旬の話題を抒情たっぷりに届けてくれる。

 素敵BGMをお供に、漆黒の闇を駆け抜ける。

愛車は走行20万㌔を超えるホンダのライフ。
2回もマフラーが落ちた。
乗り出して8年が過ぎる。
天井には友達がつけたたばこ跡。かけた窓ガラスにはテープが貼ってある。
足元からは自然の風が気持ちいい。

いろんな物語の詰まった相棒で、今日はどこまでも走ろう。
夜ドライブ

Comment [0] | TrackBack [0]

由布院へ2008.09.22

窓全開にして吹き込む秋風。
颯爽と車を走らせ由布院へ。
走行時間60分。
山から山へ、渓谷を過ぎ、放牧中の牛に手を振り、気持ちよくオンボロ車を走らせる。

途中かかる信号機は1機のみ。

行きかう車もまばらな田舎道。
すれ違う人もなく、代わりに、のうさぎや、牛が珍しそうに僕を眺める。

人家が見え出して、ようやく由布山のお出迎え。 到着!

着いた由布院は車や観光の人たちで大変な混雑だ。

だけど、

人のいない物悲しさを過ぎた先の、人いきれには、ほっとした。 です。


山際の花

Comment [0] | TrackBack [0]

Photo by Futta.NET / Template by ooq:blog
Powered by まとめ

FC2Ad

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。