FC2ブログ

somekai blog

染め屋の日常あれこれ

スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

ショッキング!!2009.06.27

 公房の庭先に時々ネズミのしっぽや頭やなんやらかんやらパーツが散らばっていて、驚かされる。

 初めのころはものすご~~~~~~く気味が悪くて、恐る恐るスコップで穴を掘って埋めていた。

 近所の人は、これは猫かイタチの仕業じゃなぁ、かっかっかっか、などと、ビビっている私を笑う。

 よく見てみると、噛んだ痕があったりして、やはり食べられたのだなと確認できた。

 猫やイタチから見ると、ネズミは一般的な食べ物と、いうことか・・・。

 
 毎日台所に野菜の皮や屑などの残飯が出る。

 外の専用容器に残飯を入れて、米ぬかをまく。

 容器の中では、そんな野菜くずに白いカビが付く。

 野菜くずはカビのごはんだ。
 
 容器にいっぱいになったら、畑に埋める。

 カビが野菜くずを分解してやわらかくなってるので、今度はミミズがそれをご飯にする。

 そうして、ミミズが出したウンチを今度は野菜がご飯にして食べて、できた野菜を僕らが食べる。

 みんな食べられて、別の何かになっていく。

 教科書で勉強した食物連鎖のサイクル。

 現実は臭くて、ぐちゃぐちゃで、僕たちから見れば敬遠される生々しい汚物。

 だけど、そんな風にして成り立っているんだと、これが現実なのだとわかったら、散らばるネズミパーツも恐くなくなった。ネコやイタチから見れば、ただの残飯なのだから。

 だけど、やっぱり、これからも埋めてやることにする。

 なぜそうするのか解らないけど、気分的なものだ。

山アジサイ

 毎朝4時に起きる。

 ひととき仕事して、朝焼けの中を、ぶらぶらと散歩に行く。

 夜露に濡れた葉っぱは、いつも美しいと思う。

ヤゴからトンボへ

 敵のいない夜にひそかに脱皮。
 
 お前と違って、俺はこれから空を飛ぶんだぜっ!!

 なんて言われた気がしたけど、元気よく飛んで行くとこまで見た。
 
  

 死んでるものを眺め、感じると、今、清々しく生きてる生き物が、大事に思えてくる。

 今のこの気持を忘れずにいたいと、思うのだが・・・・・。

スポンサーサイト

Comment [0] | TrackBack [0]

ラベンダー畑にて、2009.06.22

 近くにあるラベンダー畑に行ってきました。

 一面がラベンダーで埋まっており、何とも言えない良い匂いがたちこめておりました。

 畑の中を散々歩き回って帰ってきたら、服にラベンダーの香りが染みついたようで、帰ってからも良い匂いがしたのでありました。

ラベンダー畑

Comment [0] | TrackBack [0]

草とり2009.06.20

[]

 連日午前中は藍畑の草をとる。

 お世話になっているおばあちゃんとくわを持ってザクッザクッと藍の周りにたかっている、にっくき雑草連合軍を根絶やしにして、カラカラにして干物にすべく一族郎党ザックザクッである。

 また、連合軍の用心棒、根切り虫、こいつはそーとーな悪で、可愛い藍子ベイビーの茎をぶっちぶっちと切って枯らしてしまう。
 
 食べもしないのに、なんで切ってしまうのか、分からないけど、今年もそーとーな悪、出没中である。

 しかも、こ奴は、小さくて弱いものだけをいじめる。

 なんか、薄暗いとこに生息しているいじけ虫である。

 っというわけで、くわでザックザックで出てきたいじけ虫も、憎しみをこめてブッチブッチする。

 また、パートナーのおばあちゃん、

  同時に出発したザックザック、ゆっくりした動作にも関わらず、いつも追い抜かれていることに驚かされるのであるが、怠け者の私は、いつものように、少し腰をのばして休憩休憩と、少し怠けていた時、はるか前方から、おばあちゃんのくわでざっくざくが聞こえてきた。

 いつもは何ともなしに聞いていた音だけど、小気味よくて・・・・・。

 くわが小石をかじる音、石にぶつかった音、根絶やしにされた雑草の小気味い良い悲鳴。
 
 聞いてるだけで、土の中が見える感じ。

 たぶん聴くって、音で見ることなのかもしれないな?なんて、悟り気分で、サボルわたしでありました。


藍畑

Comment [0] | TrackBack [0]

ずっきーに2009.06.17

 今年初めてズッキーニを植えてみた。

 ズッキーニが何だかわけも分からず人から植えてみたらとの声に賛同して植えてみたのであるが・・・。

 きゅうりみたいなのが出来たので食べてみた。

 焼いて食べなさいと言われたので焼いてみたら、なかなか美味しかった。

 実はその外観からきゅうりにしか見えないので少し気持ちが悪くも思えたのであるが・・・。
 
 出来かたも変わっていて、面白い。

 ズッキーニがすっきーにになった夏。

 おやじになった僕でした。



ズッキーニの花

Comment [0] | TrackBack [0]

あ~あ、あ~っ・・・。2009.06.16

 憤慨ちゅうです!

 噴門やる方のない、この想い・・・。

 先週ツバメ田さんの家、いや、巣がすずめに乗っ取られた。

 巣のあたりでツバメ田さん夫婦が、あらっどうしましょ、どうしましょっといった雰囲気で、エサを捕るでもなく行ったり来たりしているので、どうしました?っと聞いたところ、奥さん?が巣の方を睨みつけられたので、見たところ、端正かつ清潔であったツバメ田邸が雑然とあらされており、またその中からスズメが グゥアッハッハッ!などと憎々しげに笑いながら顔を出しているのであった。

 あの優雅な曲線で仕立てられたフォルム、周囲の環境と見事にマッチした泥壁、粗野でありつつもシンプルで飽きの来ない住居スペース。

 独断と偏見で決めつけた快のベストハウスデザインコンペティッションで特賞をあげようかなど選考矢先の出来事に唖然とした。

 受賞のあかつきには表札の下に賞状を貼ってあげようと思っていたのに。

 頭上でまだ雄叫びを上げ続けているスズメが憎かった。

 巣をぶち壊して、中のスズメを焼き鳥にしようかとも思った。

 一度、工房に入り、渋めのお茶をすすりつつ今後の対応を考えた。

 ひと時考えた。っと、いくらか気分が収まってきて、落ち着いた。

 結論

 他人の、否、他鳥の巣を乗っ取るなんて卑怯千万な行為ではあるが、しかし、乗っ取られるほどの隙を与えたツバメ田夫妻にも非がないわけではない。

 ましてや、殺人否、殺鳥までして分捕ったわけではないのだ。

 見ると、夫妻は元気なようだし、ストレスで頭が禿げそうにもなっていないし、ましてや鶏の世界の出来事なのだ。

 人間である私にはわからない事情もあるであろう。

 ここは、見守ることにしよう!

 そして、いつの日か、ツバメ田さんとスズメ田さんが仲良くピクニックなどする日を夢見よう!
 お弁当には青虫をどっさり詰めて!

 そして、秋には仲良く異国へ旅立ったりして。

 私を残して・・・・・。

 なんて考えていたら、スズメ田さんにも愛情が芽生えてきたのであった・・・。

 ps,しかし、スズメの巣は汚い。

乗っ盗られた巣


 

Comment [0] | TrackBack [0]

かえるとほたる2009.06.08

 近所のおばあちゃんの所で夕ごはんをいただいて、帰ってきた。

 いつものことであるが、また今日も、すぐには立てないくらいに食べてしまった。

 き、きつい!

 お腹が苦しい!

 初期の妊婦さんは、こ、こんな感じなのか?

 などと下手な感慨にふけりつつ、意を決して立ち上がり、お腹を押さえて外に出た。

 っと玄関先に、5,6匹のホタルが飛び交っており、何とも優雅なそのユラユラ点滅にお腹の中の炊き込みごはんも消化されたようで、すっきりとした心持で、おばあちゃん宅をあとに、帰路についたのでありまして・・・。

 街灯のない道には、その消化灯がちらほらと飛び交い、帰りつく頃にはずいぶん消化されたようで、ようやく楽になれたのでした。

 っん?

 よくよく見てみると、家のベランダにも3匹の消化灯が瞬いており・・・・。

 あっ、もうずいぶんと消化されましたし、今日はなにぶん遅うございますので、今日のところはおやすみくださいませっ!などと、のたまうのでありました。

 今はそこここの田んぼに、水が張られ、いたるところに池が現れたようで、窓からの眺めもとってもいいのでありまして、このブログを書きながらも、カエルのオーケストラを聴きつつ、お茶を飲みつつ心地よく書いてるのでありました。

 そうだ、明日は、ベランダでゆっくりとホタル観賞など、しゃれこみましょうかな?

 ホタルさんには甘い水、私にはビールなど用意いたしまして、明日も楽しみにしてますね!!

Comment [2] | TrackBack [0]

すかしゆりをみていたら・・・2009.06.04

 この大きな空だ
 
 僕は元気だ 

 サバンナの象にも負けんくらい

 元気で生きているんだ

 さあ さあ さあ さあ

 この一本の道 どこへ出るんか 知らんのやけど
 
 一歩 二歩 踏みしめ 噛みしめ

 歩いて行こうや

 わっはっはっはっ

 元気に 笑いながら 行こうや 行こうや

 さあ さあ さあ さあ

 歩いていこうや!!

 行こうや行こうや!!


 
 畑に咲いた、すかしゆり。

 雨に濡れてしまって、茶色で誇らしげだったおしべもすっかり色が取れてしまっていて、何だかみじめだ、と最初は思って見ていたけれど、そんなこと全然大したことじゃね~よ!!ってな感じで胸を張って咲いてるのがわかって・・・。

 みじめなのは、私の心だったんだと、気付かされた、今日の昼さがりでございました。

 


すかしゆり

Comment [2] | TrackBack [0]

Photo by Futta.NET / Template by ooq:blog
Powered by まとめ

FC2Ad

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。