FC2ブログ

somekai blog

染め屋の日常あれこれ

スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

ゴマの花2009.08.20

 藍を育てているおばあちゃんの畑に、きれいな花が咲いていたので、何だろう?って思っていたら、なんとゴマの花でした!

 あんな小さいゴマですが、花は中指くらいある立派で綺麗な花だったのでびっくりしました。

 秋になって、草が枯れた頃に収穫するそうです。

 自分で作ったゴマは香りが良くって美味しいと言う話、少しおすそわけしていただくのが、楽しみです。

ゴマの花

スポンサーサイト

Comment [0] | TrackBack [0]

藍の刈り取りの続き2009.08.20

[]

 カラカラに乾燥した葉っぱの上で何度も足踏みしてある程度粉々にしておいて、茎だけはなるべく取り除いておいて、ざるで選別しながら、こなしていきます。

ざるでこなすところ

 出来た藍の乾燥葉の粉です。

完成した藍の乾燥葉の粉

 粉を袋に詰めたところ。

 月曜日に刈り取った藍で2袋できました。まだ、茎にくっついてる葉っぱがあるので、もう一度こなしたら、袋の半分くらいできます。

 だけど、今日の午後は雨が降るらしいので、ハラハラしております。

袋に入れたところ

Comment [0] | TrackBack [0]

藍の刈り取りが始まりました。2009.08.20

[]

 ようやく永い雨降りも終了して、熱い日差しがやってきました。

 藍は順調に成長しており、8月の初めに刈り取りを予定していたのですが、刈り取った藍はカラカラに干さないといけないので、3日以上連続で晴れ間が続く日を待っていたのですが、今年の長雨のために出来ませんでした。

刈り取り前1

 今年の藍も元気に成長してくれました。

刈り取り前2

 朝露の上がった午前10時過ぎから刈り取りを始めました。

 今日は畑の3分の1を切ります。

刈り取り1

 刈り取った藍はブルーシートの上に広げて、お昼過ぎの2時頃に裏返して3日間干します。

干し

 3日も干すと水分も抜けて、カラカラになるので、今度は少量づつまとめて、その上で足踏みします。

 茎の部分には青い色素がありませんので、茎は排除します。

 そうして残った、粉々の葉っぱの部分を今度はざるで濾してゴミなどと仕分けします。

 こうしてできた乾燥葉はお米を入れる大きな紙袋に入れて保存しておき、1年で採れた分をまとめて、秋に発酵させて、ようやく藍染めの原料のすくもができます。

 炎天下の中での作業なので、ひえ~、ひえ~っと弱音を吐きながらやってます。

Comment [0] | TrackBack [0]

暑い夏!2009.08.09

芙蓉の花

 暑い、暑い夏がやってきました。
 ようやく九州地方も梅雨明け宣言されたようで、暑い工房で、たらりたらりと汗を流しつつも、このパワフルな熱気を楽しんでいます。

 夏といえば海水浴に、川遊び、山登りに、釣りに・・・・ほんと、きりがないほどにレジャーな季節でして、楽しみで一杯の夏はなんだか毎日がわくわくします。

かえる
 
 だけど、このいきなりの直射日光は生き物達の皆さんには暑すぎるようで、昨日まで雨の中、活発に飛び跳ねていたカエルさん達でさえも、今日は涼しいところで、休憩してました。

カブトムシ
 
 また、公房の裏でカブトムシがなぜか排水管の上で休憩していらっしゃったので、休憩中おそれいりますが、少しばかしモデルになってくださいと頼んだところ、気持ちよく了解を得ましたので、ギャラの砂糖水を綿にしみ込ませたものを木に置いたところすごい勢いで吸い付いていらっしゃったので、その間にスケッチしました。

 モデル終了後、木に乗せたまま裏に置いていたのですが、2時間ほど経ってみたところ、代わりにアリさん達が沢山綿にくっついていたのでカブトムシさんは帰宅されたようでした。

 まあ、カブトムシさんは、虫の王者ですから、色々と忙しいのでしょうね。

虹

 夕方少し小雨が降り涼しくなったので、渋茶を持って外に出たら、きれいな虹が出ていました。

 去年の夏、今くらいの時期に近所の子供達が数人遊びに来ていて、小雨の中、丸裸で元気に水遊びをしていてほんの束の間でしたが、とても大きくてはっきりとしたきれいな虹が空にかかった時の、みんなの歓声を思い出しました。

Comment [0] | TrackBack [0]

小旅行へ2009.08.03

 昨日、久しぶりで小旅行へ行ってきました。

 お昼ごはんのお弁当を作ってもらって、お昼前に家を出発して、九重町長者原へ。

 九重山の麓のたではら湿原でお昼ごはん。九重山はあいにくガスでけぶっていて見えませんでしたが、もくもくと昇る火山?の煙を眺めながら、雄大な景色の中のおにぎりは格別で、8個も食べてしまい、一時動けませんでした。

 ひと時の休憩の後、たではら湿原の遊歩道を散策。

 湿原にて

 ちょっとおバカな写真。湿原のお風呂?に入っております。周りに人たちから笑われました。
 
ジャンプ!

 ジャンプしてみました。

 ここは、今年の春に来て、その時は春の山野草がたくさん咲いていて、きれいだったのですが、今はもう秋の草花が咲きだしていて、まだ小さいヒゴタイの花などを眺めながらのんびり散策は何とも気持の良いものでした。

 ヒゴタイ

 ひと時の散策の後、近くの牧場へ。

 馬やウサギや、なぜいるのか月の輪熊などと戯れたのち、手作りアイス屋さんで奥さんに怒られながらも2個食べて今度は筋湯温泉へ。

 筋湯温泉は、家族旅行で行っていた小さい頃からの思い出の詰まった温泉でありまして、懐かしい思い出にも浸りながらの、ゆっくりとつかったうたせ湯の共同浴場なのでした。

筋湯温泉

 温泉で心身共にほぐされた後、やまなみハイウエイを走って、熊本の阿蘇神社へ。

 美味しいお水を持っていっていた容器にたっぷりと汲んだ後、門前町の古い街並みを散策して、そろそろ夕方の6時、夕食どき。
 
 近くに美味しい郷土料理のお店があると聞き、入ったお店の料理は高菜ご飯に、だんご汁、色々な漬物があって、手作りおぼろ豆腐があって、なんだかおばあちゃん家の料理みたく、くつろいで、美味しい夕ごはんでした。

 だんご汁は大分も郷土料理となっているけど、こちらは小麦を長く長く延ばしたものがだんごと言われているのですが、熊本のは白玉粉を丸く丸めてまん中をくぼませたものでした。熊本のだんごも美味しかったなあ。

 そのあと、家に帰り着いたのは夜の9時前。

 の~んびりと、美味しくて楽しい小旅行となりました。

 今度はどこに行こうかなぁ。
 

 

Comment [0] | TrackBack [0]

Photo by Futta.NET / Template by ooq:blog
Powered by まとめ

FC2Ad

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。